Google製エクセル『Google Sheet』でVLOOKUP関数は使えるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサーリンク

Google製の表計算アプリ『Google Sheet』は

MicrosoftのExcelと同様に使えるのか?

気になってみたので使ってみました。

 

私の気になるポイントをチェックしていますので

参考になれば嬉しいです。

まずアプリは自体は

chromeやIE、edgeなどのWebブラウザで起動します。

そしてGoogleのアカウント登録が必要です。

 

さて、Google Sheetの使い勝手は・・・

 

まず、数字入力で「オートフィル機能」を使ってみました。

1,2と縦に入力して

ドラッグ操作すると、3、4、5・・・と、

連続するデータが自動で入力されました。

これはExcelと同じですね。

 

先日紹介したRANDBTWEEN関数も

↑こんな感じに分かりやすいガイド付きで

表示されます。

この点はエクセルより使い勝手が良さそうです。

 

操作しながら気づいた点が、

スポンサーリンク

画面右上に

「変更内容をすべてドライブに保存しました」

という自動保存機能の表示がありました。

これは安心ですね。

クラウド上自動バックアップされているので

万が一途中で接続が切れたり、

電源が落ちるなどの予期せぬトラブルに対しても

心強いです。

これがクラウドで使う上では重要なポイントですね。

 

さて、私が良く利用する

VLOOKUP関数です。

普通に入力できました。

重いデータになるとどうなるのか?

その辺は気になるところではありますが・・・

 

簡単な表なら問題なく使用できそうです。

 

そんなわけで、

Google製の表計算ソフトGoogle Sheetは

Excelを上回る可能性があると感じました。

 

最近エクセルが重いんだよね・・・

なんて言っている方は一度乗り換えてみるのも

良いかもしれません。

 

でわ でわ

関連記事

SNSでもご購読できます。

コメントを残す