Excelで任意の文字があればセルの色を変える方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサーリンク

Excelの条件付き書式

Excelで表を作成する時、

もっと見やすい表にしたいという思いはあるけど

どうやったら良いのか分からない。

という悩みがあるかと思います。

そういった悩みを解決する一つのヒントとして

表の中に注目するポイントだけ目立たせる方法を紹介します。

例えば健康診断の結果一覧表の

有所見者だけ色を付けるとか、

赤点や平均点、標準値といった、

一定の数字を超えたり、それに満たない場合に

自動的にセルに色をつけたり、

文字を強調させたりして目立たせる方法です。

Excelで使う機能は「条件付き書式」です。

例えば以下の健康診断の有所見者の異常値について

異常値と所見ありに色を付けたい場合、

以下のようにします。

1.書式を設定したい箇所を選択します


2.「ホーム」タブにある「条件付き書式」をクリックします

3.新しいルールを選択します

以下のようなルールを設定します。

この場合はB2のセルと等しい場合に任意の書式が設定できるというものです

上記の画面の「書式」ボタンをクリックすると

「セルの書式設定」の画面が開きます。

ここではセルを赤い色に塗るようにします。

新しい書式ルールの画面の下の

プレビューに設定した書式のイメージが表示されます。

これでOKをクリックすると書式が適用されます。

↓こんな感じになります。

あとはちょっと設定を変更してあげれば完成です。

項目Aには以下のような条件設定

項目Bには以下のようなルールを設定します。

これで完成です。

先に書式を設定しておくと、入力したらすぐに書式が適用されるので

入力していて異常値があると分かるのでそれも便利です。

表を作成する途中で入力ミス等があって

変更した箇所が数か所ありますが・・・

基本的な説明は変わりませんのでご心配なく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す