Outlook2019のメールをIMAPからPOPにしたい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサーリンク

OutlookのIMAP・POP設定

新しいパソコンを買ってメールの設定をするとき、

OSがWindowsの場合、Outlookを使うことが多いと思います。

Outlookは、メールやスケジュール管理といった事が

できる便利なソフトです。

初期設定はIMAP

Outlookを起動してメールアドレスを入れると

次の設定画面に移って初期設定が便利です。

しかし、初期設定のメール受信設定はIMAP方式となります。

従来型のPOP設定をしたいという方は、

Outlookのアカウント設定画面

POP設定をしたい場合は、

Outlook2019を起動して表示される上記の画面が

アカウントの追加画面となります。

メールアドレスの下に小さく「詳細オプション」

と表示されています。

ここをクリックすると、

自分で自分のアカウントを手動で設定

というチェックボックスが表示されます。

POP設定をしたい場合はこれを行わないといけません!

Outlookではアカウント作成後に

IMAPからPOPへの変更ができないのです!

いまさら聞けないPOPとIMAPの違い

POP接続

従来はPOPが一般的でした。

POPでは、メールサーバーからメールを受信するパソコンへ

データをダウンロードして、

メールサーバーからメールデータを削除します。

なので1台でメールを管理している場合はこの方法がおススメです。

デメリットはパソコンにメールデータが増えていく・・・

ということです。

ただし、メールサーバーの容量が気になる方には

こちらの運用の方が向いています。

IMAP接続

最近ではメールをスマホや、ノートPCといった複数の端末で

確認することが増えました。

こうなるとどの端末でもメールを管理したい!

となります。

そこで便利なのがIMAP接続です。

IMAPでは、メールデータはメールサーバーに残したままで

サーバーのメールデータをパソコンに表示させるようなイメージです。

メールサーバーの容量は自分で削除しないと

受信ができなくなるので、

メールサーバーの管理が出来る方や

専門の部署が管理している場合に向いています。

メール管理が難しいならPOP

メールサーバーのデータ管理が発生してくるので

複数端末を使わずにメールを受信・送信してるところでは

POP接続がおススメです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す