Excelは開くけど操作ができない(動かない)時の対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサーリンク

会社のパソコンでExcelを開いて、

数値のところにカンマを区切りを入れようと

ボタンをクリックしたところ、

ボタン操作が何もできない。

画面の上部に表示されている他のボタンをクリックするのですが

どれも動かない・・・

しばらくするとExcelが勝手に終了してしまう。

そんな症状が発生しました。

対処した方法を紹介します。

1.パソコンの再起動

原因がよくわからないけれど、調子の悪い時は再起動!

トラブルが発生すると、この方法が結構効くんです。

それは経験上の話ですが。。。

しかし、今回は再起動してみたのですが

結局変わらず。。。

Windows Update「KB4461627」の影響

Excelで同様のケースは無いか?

とググってみると、

2019年1月に公開されたWindows Updateの中で

Word、Excel、Powerpoint、Outlook などが起動しない

といった不具合がの原因となっているプログラムがあったそうです。

そういえば、年明けに会社のパソコンにそんな内容の

メールが届いていたことを思い出しました。

早速Windows Updateの更新履歴を見たのですが、

該当する更新プログラムは存在していませんでした。

スポンサーリンク

そうだよな・・・1月の話だし・・・

Windows Updateで最新バージョンまで更新

そして次に試したのが

Windows Updateです。

先日の以下の記事でも紹介しましたが、

【担当者必見】Windows10でネットワークにコンピュータが表示されない時の対処法

調子の悪い時はこれが有効では?

と、最近思うのです。

Windows10の更新プログラムによる不具合が多い

というイメージが最近はあります。

パソコンを使用していた人も出張が多く、

あまり更新ができていないのかもしれないと思い、

Windows Updateをしてみると7つ程更新が出てきました。

Windows Updateは不具合の改善をしてくれるものです。

この更新の中にExcelの不具合対応も含まれていれば

直るはず!

期待を込めて、更新が全て終了まで再起動も含めて2時間ほど、

起動すると、Excelの操作もできるようになり、

途中で終了してしまうことも無くなりました。

しかし、マイクロソフトの純正ソフトとOSの組み合わせなのに

なんでこんな不具合が発生するのか?

チョット疑問ではありますが・・・

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す