【Excel】エクセルの日付データをテキスト(文字列)に変換する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサーリンク

エクセルで日付データを文字(テキストデータ)に変換する方法

Excelで日付入力をすると、

通常日付データとしてシリアル値でデータが登録されます。

これによって、

和暦や西暦、「平成・H」といった変換が一発で可能になります。

これはこれで便利です。

 

しかし、データの取り込み形式が、シリアル値ではなく、

テキストデータ(文字列)にしたものが必要な場合もあります。

そんなときの対応方法を説明します。

 

文字列に変換するTEXT関数

テキストに変換したい場合はTEXT関数を使うのが便利です。

使い方ですが、

=TEXT(参照セル,表示形式)

上記のような単純な式です。

工夫に必要なポイントは「表示形式」の部分です。

 

TEXT関数の表示形式による日付表示の違い

違いは表を見ると一目瞭然です。

以下の表をご覧ください。

 

上の図のように、変換後に表示させたい表示方法で

表示形式を入力します。

 

表示形式の条件

それぞれの表示形式にを詳しく説明します。

スペースや「/」「.」など記号をそれぞれの区切りに入れることも可能です。

 

西暦

西暦はyyyy

 

和暦

和暦はgとeの組み合わせです。

gの数によって表示形式が変わります。

 

月はmmまたはmです。

必ず2桁表示したい場合はmmを選びます。

mだけの場合は1月の場合、「1」になりますが、

mmだと「01」になります。

 

日はddまたはdです。

表示の違いは月と同じです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す