この機能知ってた?Excelのセルにグラフを作るスパークライン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサーリンク

スパークラインのグラフ

Excelの小さな枠をセルと呼びますが、

このセルの中に簡単なグラフを作ってしまう機能があるんです。

その機能をスパークラインと呼びます。

 

スパークラインの場所

エクセルの「挿入」タブにスパークラインの機能はあります。

挿入のタブをクリックすると、

中央より右側に「スパークライン」の機能ボタンが表示されます。

今までもあったのになぜ気づかなかったんだろう?

と、思う人も多いのでは?

 

そこで自分の使いたいグラフのボタンをクリックします。

 

スパークラインの使い方

次に、以下の表を例に説明します。

Gの列にスパークラインの表を挿入します。

まずはG2のセルにカーソルを合わせて、

先ほど説明した場所にあるスパークラインの「折れ線グラフ」を

クリックしてみます。

 

すると、以下のような画面が表示されます。

データの範囲の右側にある↑矢印をクリックします。

表の中のB2のセルからF2のセルを選択して

矢印ボタンをクリックします。

 

すると、以下のような感じに入力されているかと思います。

これでOKをクリックします。

グラフが挿入されました。

 

複数のグラフを一度に作成する方法

上記の例では一つだけ作成しましたが、

スパークラインで複数のグラフを一回で作成する方法があります。

その方法は、下図のようにデータ範囲を全体的に選択してから

スパークラインのボタンをクリックします。

今回は棒グラフにします。

 

すると、先ほどとは違う手順で作成しているので

データの範囲はすでに入力されていて、

「場所の範囲」を入力するようになっています。

※データ範囲と場所の範囲は最初にどちらを選択しても大丈夫です

 

グラフを表示したい場所を選択します。

これでまたOKをクリックします。

これで棒グラフが一括で作成できました。

 

グラフの色などの編集方法

グラフが出来ると変えたくなるのが色です。

この設定は、編集したいグラフを選択した状態で、

画面上にある「デザイン」タブをクリックすると、

以下のような画面が表示されますので、

そこで「スパークラインの色」をクリックすると

変更ができます。

色を変えるとこんな感じになりました。

簡単に要素ごとの傾向が分かっていいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す